私が御朱印を集め始めた理由

私が御朱印を集め始めた理由

物事には必ず「始まり」があります。
些細なきっかけでしたが、まさかこんなに嵌ってしまうとは思っておりませんでした。

それが何かというと、「御朱印」です。
昨日まで全く興味がなかったのに、些細なきっかけから集め始めてどっぷりハマりました。

私は勢いで物事を初めてすぐに飽きて後悔することも多いのですが、「御朱印集め」だけは後悔が全くなく、今も御朱印をいただける神社に行きたいくらいです。

今回は私が「御朱印を集め始めた理由」についてお話しします!

 

 

御朱印を集め始めた理由

きっかけは浅草寺の行列だった

一番最初に御朱印を頂いたのは、浅草の浅草寺でした。
「なんだか長い列があるなぁ」と思って興味を持ったところがスタートです。

人の列があって興味をひいて、「何の行列かな?」と思ったら、御朱印でした。

「こんなにたくさんの人がやってるんだ」
「面白そうだから自分もやってみよう!」

と安易な気持ちでスタートさせたのです。

本当にこれだけです。

 

単純に旅行として浅草に行ったのがきっかけでした。
その場で御朱印帳を購入し、目の前で御朱印を頂いて・・・

なんだか感動をしたのを覚えています。
御朱印をいただけたのがとても嬉しかったんです。

それがきっかけで、御朱印を集めるようになりました。

 

 

御朱印について調べるようになった

朱印(しゅいん)は、主に日本の寺院や神社において、主に参拝者向けに押印される印章、およびその印影である。敬称として御朱印(ごしゅいん)とも呼ばれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

御朱印を集め始めてから、近所の神社で御朱印をいただける場所を調べたり、大好きな京都でほとんどの場所で御朱印がいただけることを知ったり。
気がつけば夢中になっていました。
当時趣味としてハマっていることがなかったことも、御朱印を集めるきっかけだったかもしれません。

 

今思えば、あの時の浅草旅行がなければ、御朱印を集めていなかったんだと思います。
また浅草に行きたくなってきました笑

 

旅先で行く神社が決まっている場合は、その神社の御朱印を必ず調べます。
意味やポイントがあったりして、とても嬉しいです。
季節限定の御朱印がある場合もあるので、チェックは欠かせません笑

 

所用で普段と違う場所へ行く際にも、近くに神社がないか、御朱印はいただけないかということを調べるようになりました。

御朱印について調べたり、いただいたりすると自分の見聞が広がって、身も心も清涼な気持ちになれます。

御朱印をいただくことも好きなのですが、神社はパワースポットになっていることも多くて、不思議と落ち着くこともあるので、神社自体が好きです。

 

御朱印帳について

左:金閣寺の御朱印帳 中央:浅草寺の御朱印帳 右:仁和寺の御朱印帳

現在の自分の御朱印帳は1冊終わり、2冊目の裏面まで行きました。

御朱印帳には自分のこだわりがあります。
神社でしか発売されていない限定のものを使用しています。
そのほうがレアかなって。

お気に入りは金閣寺の御朱印帳ですが、まだ使用していません。

一番最初のページにだけ金閣寺の御朱印を頂いたのですが、日付が平成です笑
いつ使い始めるかはわかりませんが、大切にストックしています。

御朱印帳は気に入ったものを使用した方が自分の気分が上がります。
3冊目の金閣寺の御朱印帳を使い出したら、また新しい御朱印帳を購入予定です。
どんな御朱印帳を使うか考えるのも楽しいのですよね。

今はネットでもたくさんの種類の御朱印帳が発売されています。

 

今年は頂いた御朱印の数がまだ少ないので、もっと旅行や小旅行に行く予定です。
御朱印をいただくと、心が清められる気がするので、ストレス解消にもオススメです!
※コロナの影響で旅に出られません。早く治って欲しいものです・・・

 

お寺よりも神社の方が好きな理由

御朱印はお寺でもいただけるのですが、神社の方が好きです。

なぜなら、「神様」がいるからです。
古事記に出てくるような神様が祀られていて、日本の神様はとても人間臭くて愛があります。
私はそんな神様たちが大好きで、だから神社の方が好きなんです。

それから旅先で立ち寄った御朱印がいただけるお寺で、妙に「お金の匂い」がすることがありました。
なんかそれが嫌だと思ったんです。
神社でお金の匂いがすることはまずありませんので、神社の方が好きです。

 

 

御朱印を集めてなんになるの?

一説によると、亡くなった時に棺の中に当人の御朱印帳も入れてあげると極楽浄土に行けるといいます。
そのために御朱印を集めているという人を聞いたことはありませんが、そんな話もあります。

 

これはあくまで個人の考えですが、「御朱印は癒し」です。
ちょっとパワーが足りないなと思うときや、ふと神社のことが頭によぎったときに御朱印帳を開いて眺めるだけでストレス解消になります。

 

もちろん正しいもらいかたもあって、御朱印をいただく前に、手水舎で清め神様にお参りするのが必要です。
神様にはお願い事をしてもいいですが、何よりも「日々の感謝」を伝えるのがいいかなと。

 

御朱印はスタンプラリーではないので「ただ集めればいい」というのは違います。
神社一つに一つに神様が祀られておりますので、感謝と崇敬の念を持ってお参りするのがベストです。

 

最後に

新型コロナウイルスの影響で誰もが行動を制限されています。
大変な世の中で、小旅行すらできません。

情勢が落ち着いたらまた神社にお参りをして御朱印をいただきに行きたいと思っています。
日本には素敵な神社がたくさんあって、まだまだ行っていない場所も多いです。

神社によっては「限定御朱印」なんて出されているのが憎いです笑
それを目当てに一度御朱印をいただいた神社でも行ってしまいますから。

 

御朱印集めはアクティブな趣味だと思っています。
「御朱印を集めている」というだけで会話が弾むことがあるので、旅行が好きな方は「御朱印集め」をするのもオススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です