【LOFT】サクサクいちごチョコバー【2020バレンタイン】

LOFTで販売されていた、チョコレートを作れるキット「HAND MADE KIT 」の「サクサクいちごチョコバー」を使ってみました!

これを選んだ理由は、卵や生クリームなどの自分で用意する食材がなかったことと、パッケージが可愛らしかったからです♪

 

¥1,500円(税抜き)

お値段はちょっと高いかなと言う印象です。

早速作っていきます!!

 

 

サクサクいちごチョコバー(手作りキット)の中身

中身を開けるとこんな感じでした。

チョコレート作り
・ストロベリーチョコレート 300g
・ライスパフ         40g
・フリーズドライいちご
・紙製トレイ

ラッピング
・透明ラッピングシート
・オリジナルシール(3種類)

ラッピングが入っているからお値段もちょっと高いのかな?
この1箱で「ザ・バレンタイン」のチョコレートが完成します!

必要なものが揃っていると嬉しいですね。

 

 

サクサクいちごチョコバー(手作りキット)でチョコレート作り(冷やすまで)

工程1:チョコレートを溶かす

いちごチョコレートを溶かしました

ストロベリーチョコレートを50〜60℃の湯煎で溶かします。

お湯を作るのに少々時間がかかります。
我が家には温度計がないので、触れなくないけどちょっと熱いかなくらいのお湯でやりました。
これくらい適当でもちゃんとできました笑

約9分で写真のように溶けました。
手を動かす作業としては、この工程が一番時間がかかりました。

 

工程2:溶かしたチョコレートにライスパフを入れる

ライスパフを投入

溶かしたイチゴチョコレートに、ライスパフを入れて混ぜます。
入れた瞬間は、ライスパフの量が結構あるように見えましたが、混ぜると馴染みました!

この工程は簡単でサクッとできました。

 

工程3:紙製トレイに170gずつ分けて入れる

付属の型紙に入れて、フリーズドライのイチゴをまぶす

「作り方」では170gずつ計量するとありましたが、我が家には計量器がありません。
なので目分量で半分に分けました。
それでも上手にできたので、目分量でもいいかもしれません。

 

 

工程4:フリーズドライのイチゴをまぶす

付属のフリーズドライのイチゴをそれぞれにまぶします。
(写真は上のものを参考にしてください)

この工程もまぶすだけなので超簡単です!

 

工程5:冷蔵庫に30分以上入れて冷やす

あとは冷やし固めるだけです!

もうすでに美味しそう♪

 

サクサクいちごチョコバー(手作りキット)の制作時間

パッケージに制作時間:20分と書いてあったので、実際に測ってみました。

ここまでのタイムで16分半。
途中で写真も撮っていたので、20分で余裕で作れました♪
(お湯を作る時間や冷やし固める時間、ラッピング作業時間は除きます)

ラッピングやデコレーションを行う場合はもっと時間がかかると思います。

 

サクサクいちごチョコバー(手作りキット)でチョコレート作り(冷やしてから)

30分以上冷蔵庫で冷やし固めました。

持ち上がるほど固まりました!
結構ガチガチに固まってくれます。
トレイからも剥がしやすいです。

 

手作りチョコレートのカット

1つを16等分します。

あれ?
真ん中で切ったら割れてしまいました。

・・・気を取り直して切っていきます。

ひどいことになってしまいました;;
見えにくいかもしれませんが、いたるところがパリパリと割れています。

後から調べてみたら、チョコレートを切るときは、包丁は温めた方がいいみたいです。
冷たいまま切ってしまったので、バリバリになってしまいました・・・

覚えたこと

チョコレートを切る時、包丁は温めてから!

包丁の温め方
・お湯にくぐらせてから水気をペーパーなどできちんと拭く。
・温かい布巾で拭く
・火で炙る

方法は色々あります。
安全には注意してください。

 

 

手作りチョコレートのプチッとデコレーション♪

デコレーションというほどではありませんが、別売りのチョコぴつ(100円)でお絵かきをしてみました!

別売り チョコぴつ ¥100(税抜き)

ちょっと可愛く仕上げたい人はチョコぴつオススメです!
もちろんなくても十分可愛いです!

チョコぴつだけを通販で購入しようとすると、送料が辛いので、他の商品と一緒に購入するか、実店舗へ行っての購入をオススメします。

 

サクサクいちごチョコバー(手作りキット)でラッピング

この商品を購入した時には、正直「ラッピングはいらないなぁ」と思いましたが、実際やってみるととても可愛い!!

この手作りチョコレートにこのラッピングはとても合います!!

透明ラッピングシートをねじるだけという簡単さもいい!
シールも可愛い!!

 

ラッピングしてみるとこんな感じ

ちょっとコツが入りますが、慣れるとテキパキできます!
チョコレートをあまり大きく切りすぎるとうまく包めませんので気をつけた方がいいです。

それから、あまりベタベタ触っていると、すぐに溶けてきてしまいます。
そうしてしまったら、再度冷蔵庫に入れて冷やし固めるとうまくできます!

 

サクサクいちごチョコバー(手作りキット) 完成!

完成!

お絵描きしたチョコレートにはあえてシールを貼らずに見せるというのも可愛いです!
もっと可愛くしたかったら、ねじった部分にモールやリボンをつけるというのもいいかも♪

切り方にもよりますが、32個できて、ラッピングは30個分なので、2個は味見です笑

 


 

サクサクいちごチョコバー(手作りキット)は手軽で簡単にできますが、お値段が高いのが気になります。

1500円出せるなら、既製品を購入した方がいい場合もあるかも。

 

しかし、学校の友チョコや職場の義理チョコにはかなり向いていると思いました。
手作りが好きな方で、数を必要とする方にはとてもいいと思います。

本命チョコにはまず向いていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です