【無印良品】自分で作るドーナツ型チョコ【2020バレンタイン】

大好きな無印良品に行った時、バレンタインシーズンということもあって、「自分で作る ドーナツ型チョコ」という手作りチョコレートキットが販売されていました!

このキットひとつあれば、他に用意する食材もなかったことから、購入♪
上手に作れるかやってみました!

 

お値段は¥790(税込)なので手頃だと思います!

早速始めていきます!

 

 

自分で作るドーナツ型チョコ(手作りキット)の中身

中を開けるとこんな感じでした。

チョコレート作りの材料
・チョコレート 25g
・ストロベリー風味チョコレート 25g
・モルトパフ 10g
・ペンチョコ(ホワイト) 1本
・カラーシュガー
・モールド型

ラッピング
・透明ラッピング袋(タイ付き) 10枚

 

ちょっとチョコレートが少ないかなぁという印象です。
(真剣に作りたい方は、チョコレートは買い足した方がいいかもしれません)

 

ドーナツ型チョコ(手作りキット)でチョコレート作り(冷やすまで)

工程1:チョコレートを溶かす

チョコレートをそれぞれ80℃のお湯で湯煎します。

チョコレートの量が少ないので、お椀で溶かしました笑

溶かすのは時間がかかりますが、ちょっとでも冷めるとすぐに固まってしまうので大変でした。
もしかしたら室温は高めの方がいいかもしれません。

 

工程2:溶かしたチョコレートにライスパフを入れる

溶かしたチョコレートの中に、パフを半分ずつ入れます。

冷蔵庫に入れていないのに、チョコレートがすぐに固まってしまいますね・・・
手早く行うことが重要です。

固まってしまった場合、レンジでチンをすると溶けます。

 

工程3:モールドにチョコレートを入れる

ここで「おや?」と思いました。

もしかしたら、1色ずつ作るのが正解だったのか!?

作り方を見直してみましたが、そんなことは一言も書いていませんでした。
やられました。

そんなことをしている間にもどんどん固まっていきます。
なかなか上手に出来ません・・・

すぐに固まってしまって、直そうにも直せませんでした。
室温を高くするしかないかもしれません。

 

 

 

工程4:冷蔵庫に30分以上冷やす

気を取り直して、冷蔵庫に30分以上入れて冷やします。

残ったストロベリーの方は、ラップをして置きました。
やっぱり固まってしまいましたが、レンジでチンをしたらまた溶けました。

 

工程5:冷蔵庫から取り出す

完全に失敗しました。

多分モールドに上手に入れないと綺麗な形にはなりません。
(当たり前)

結構ガチガチに固まるので、モールドから出すのに苦労します。
モタついているとチョコレートが溶けて手がベタベタしてしまいます。
なかなかもどかしい。

 

気を取り直してストロベリーの方を・・・と思ったのですが、上手に出来なすぎて萎えてしまいました。
ストロベリーの方は違う形で使用します。

 

もしかしたらパフが邪魔かもしれません。
チョコレートを買い足して、チョコレートだけで固めた方が綺麗にできると思います。
よく見たらパッケージのチョコレートにもパフが入っているようには見えないです。
やられました。

 

手作りチョコレートデコレーション

ストロベリーの方を形にするつもりにはなりませんでしたが、気を取り直してデコレーションをしていきます♪

使用するのはこちら、無印の「チョコがけチョコバウム(¥150 税込)」です!
それから別でホイップクリームも使用しました!

まずはいい感じの大きさに切ります。

 

その上から、途中で制作を諦めたストロベリーチョコレート(パフ入り)を乗せます。
レンジでチンをして一度溶かしてから乗せました。

 

ホイップクリームで飾り付けをして、ドーナツ型チョコ(失敗)を並べます。

 

カラーシュガーを振りかけて、ホワイトチョコぺんでデコレーションします!
ボリューミーでなんとか形になったかな。

味は美味しかったです。

 


 

こちらの「自分で作るドーナツ型チョコ」はオススメしません
パッケージのチョコにパフが使われていないのに気づくべきでした。

手作りするなら、自分で板チョコや溶かす用のチョコレートを購入して、100均などでモールドを購入、ラッピングも100均で購入すれば安く済むと思います。

こちらの「自分で作るドーナツ型チョコ」は無印の中でも稀なハズレ商品かもしれません。
やるなら暖かい室内で作るのがベストです。
今の時期は寒いので厳しいかな。
790円のお値段もこうなると高く見えてきます。

 

クッキーやガトーショコラなど選べばよかったのかもしれません。
「チョコレート作り」のキットは期待外れになる可能性が高いのを学びました。

よほどお菓子作りに慣れている方であれば、上手にできるのかもしれません。

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です