梅雨の体調不良を乗り切るために【食を見直す】

ジメジメした梅雨は体調不良に陥りがちです。

頭痛や関節の痛み、吐き気やだるさなど、不思議と体調不良に陥ってしまうんですよね。

「梅雨なんて一時期だからその時期さえ終われば大丈夫!」
なんて声も聞きますが、それは梅雨の不調がわからない方の能天気な言葉かと。

梅雨になると怠くなったりうつ状態になったりイライラしてしまう方も間違いなく存在します。
そんな方のために、食から改善する方法をお伝えします。

 

 

梅雨の体調不良の原因

梅雨時期に陥りやすい体調不良
  • だるい
  • 疲れやすい
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 肩こり

梅雨になると体調不良に陥りやすいのは、「湿度」が主な原因です。
雨の多い梅雨は湿度が高いです。

空気中に含まれる水分量が多くなると、汗や尿などの体内の水分が排出しにくくなってしまうのです。
体に水分が溜まって、頭痛やむくみなどの体調不良が起こります。

 

他にも「気温の寒暖差」が原因で体がストレスを感じ、疲れやすくなってしまいます。
これは季節の変わり目の特徴と同じですね。

 

梅雨時期の湿度の高さ・気温の寒暖差・低気圧で体調不良に陥ってしまう

 

梅雨時期に食べるといい食べ物

梅雨時期に食べるといい食べ物
  • 温かい飲み物
  • きゅうり
  • ゴーヤ
  • ズッキーニ
  • 大根
  • アボカド
  • バナナ
  • 黒豆
  • ハトムギ
  • 昆布
  • わかめ
  • 豚肉
  • レバー
  • さば
  • キムチ
  • 納豆
  • れんこん
  • ブロッコリー
  • いちご

冷たい食べ物や飲み物は体を冷やしてしまうので、できるだけ温かい食べ物を摂取してください。

体に溜まった水分を排出してくれる「カリウム」を多く含む食材、きゅうり、ズッキーニ、大根、アボカド、バナナがおすすめです。

体を温めてくれる生姜や、香りの強いシソなどもおすすめです。

コスパ最強うどん

コスパ最強うどん

コスパ最強うどんを作りました!

材料
  • 冷凍うどん(1玉)
  • 乾燥わかめ(少量)
  • 鰹節(少量)
  • 生姜(チューブ・少量)
  • 麺汁・みりん・醤油(味付けお好み)

作り方

  1. 冷凍うどんは食べる半日前に冷蔵庫で自然解凍
  2. 乾燥わかめは水かお湯で戻しておく
  3. 解凍した冷凍うどんをレンジで1〜2分チン
  4. 器にうどんを入れて、麺汁・みりん・醤油・お湯(量はお好み)をいれる。
  5. わかめ、鰹節、生姜を入れる
  6. 完成

とても簡単ですぐにできます!
冷凍うどんは常に一つ冷蔵庫に入れておけば、食べたい時にすぐに作れます!!

 

うどんはコスパ・時短共に最強レシピ!

 

最後に

梅雨時期は鬱々としたシーズンです。

季節的にどうしようもないので、食で乗り切れるなら乗り切りたいものです。

人は食べなければ生きていけない生き物。
毎日何かを食べる必要があるのなら、できるだけ季節に合った体にいい食べ物を摂取してください。

この時期の体調不良を乗り越えたら、次は本格的な夏が待っています。
夏の暑さでも体調不良に陥りがちですが、その時もまた食から乗り越えていきましょう!

コメントを残す