一人暮らしの新生活|照明の選び方|照明は最低限必要

一人暮らしの新生活|照明の選び方

新生活では、照明」は必須アイテムのひとつです。
物件によっては最初からついている場合もありますが、ついていない場合は真っ先に用意した方がいいでしょう。

真っ暗だと生活に影響が出てしまいますし、気持ちまで暗くなってしまうこともあります。

使う場所・用途などによって照明の選び方は変わります。

今回は新生活を迎える一人暮らしの方に向けて、必要な照明についてお伝えしていきます。

 

 

一人暮らしに必要な照明

メインの照明を選ぶ

夜や雨の日など、部屋の明るさを陽に頼れない時に必要なのがメインの照明
メインの証明として、部屋全体を照らしてくれる照明が必要です。

オススメなのは、シーリングライトまたはペンダントライト

 

こだわりがなければシーリングライトの方をオススメします。
天井に設置するタイプのため、部屋全体を明るく照らしてくれます。

 

 

シーリングライトはリモコンのあるタイプや明るさを調整できるタイプがあります。
それだけでなく色まで変えられるタイプもあるのが驚きです。

便利なものほど価格は上がっていくので、予算に合わせて選んでください。

 

ペンダントライトは天井に吊すタイプの照明です。
ペンダントライトをメインの照明にするときの注意点として、部屋全体を照らすタイプのものを選んでください。

食卓の上を照らすタイプなど部分的に必要とするための商品も多いので、お洒落さよりも機能面をよく確認してください

 

 

部屋がひとつであればメインの照明が1つあれば十分です。

セカンド照明は費用に余裕があるなら考えましょう。

 

 

明るさについて

一般的に明るさは3種類です。

 

明るさの種類
  • 昼白色
    万能の明るさと言われる光です。迷ったらこれ。
    どの部屋にも合います。
  • 昼光色
    青味がかった白っぽく明るい色。
    集中力が増す反面、リラックスには向きません。
  • 電球色
    オレンジ色の光です。
    寝室などのリラックス空間には向いていますが、オフィスや作業用には向きません。

 

一人暮らしで一部屋しかない場合、昼白色を選ぶのがベストです。
トイレや浴室などの狭い場所は電球色でもいいかと思います。

 

 

トイレ・浴室・キッチンなどの電球

トイレ・浴室・キッチンなど閉所には電球が必要です。
結構忘れがちですが、コンビニなどで購入可能です。

最悪でもトイレの分の電球だけは用意した方がいいです。
浴室やキッチンは明るいうちに使用すればいいかもしれませんが、トイレはそうもいきません。

 

 

トイレの電球だけは必須と言っても、浴室やキッチンの電球もできる限り用意した方がいいです。

その際に口金のサイズ・ボルト(V)数・ワット(W)数が合うものを購入してください。
合わないと取り付けができなかったり、火事の原因になることもあります。

 

電球の購入に確認すること
  • 口金のサイズは、通常の電球であればE26、小型電球はE17が一般的です。
  • ボルト(V)数は100なのが一般的。
  • ワット(W)数はいろいろですが40や60をよく見ます。

 

よく聞くLEDって何?

LED=発光ダイオード

簡単にいうと、コスパの良い電球です。
消費電力が少なく省エネになりますし、寿命も長いので「電球が切れた!取り替えなきゃ!」ということが滅多に起きません。

昔はLEDは暗く感じましたが、どんどん進化して暗さを感じなくなりました。

 

照明の2020年問題

「水俣条約」によって2020年12月31日以降は水銀ランプの製造・輸出入が禁止されます。
大手メーカーでも蛍光灯や水銀ランプの生産が終了されるとのことです。

これから用意する方はほぼ100%LEDにする必要があります

 

最後に

「電球はこれさえあれば生活できる!」という観点でお伝えしました。
お洒落な間接照明を利用したくても、まずは全体の生活を整えましょう

照明は生活をする上で必要不可欠なアイテムです。

 

電球を用意する上で大切なこと!

こだわりがなければメインの照明としてシーリングライトを用意すれば良い。
トイレ・浴室など狭い場所の電球は極力用意する。

 

新生活。初めての部屋でひとり過ごす時、部屋が明るいと嬉しいものです。
これからの期待感が高まっていきます。

 

 

お洒落は後からでいい。まずは機能を優先させるべし

 

どうしても購入を迷ってしまう方へ。

どうしても購入に迷ってしまうこともあります。
そんな場合は、レンタルをおすすめします。

月額数百円〜で家具家電をレンタルすることができます。

家具家電のサブスクリプションサービス「CLAS」

  

 

コメントを残す