少し楽になる生き方

少し楽になる生き方。

生き辛い世の中ですよね。

ストレスフルでも、生きていくためになんとか働いていかなければならないし、人を信用しても騙されたり、増える税金、上がらないお給料、政治不信、疫病の蔓延、漫画の世界ですか?とツッコミを入れたくなります。

そんな世界でも、耐え忍んで生きている人がほとんどだと思います。
少し楽になる生き方を紹介します。

 

 

少し楽になる生き方

100%を目指さない

100%を目指す完璧主義。
とても素晴らしいことだと思います。

しかしそのまま突っ走っているといつか疲れてしまう。

80%でもいいんです。
なんなら30%でもいい。

一歩でも行動を起こしていることが大切ですから、100%じゃなくていいんです。
100%を目指すのもいいですが、疲れたと思ったら休みましょう。

 

自分が何に対して怒りを感じているのか知る

喜怒哀楽の感情を誰しもが持っています。

その中で、とりわけ大切なのが「怒り」の感情だと思っています。

「自分が何に対して怒りを感じるのか」

自分の好意を否定された時。
自分が大切にしている人を侮辱された時。
ルールを守らない人に対して怒りを感じる。

など、自分が許せない部分について「怒り」を感じます。

まずは自分が「何に対して怒りを感じるのか」
それを理解することが大切です。

自分の心に聞いてみてください。
わたしは何に怒りを感じるの?

自分の怒りを知り、客観的に見れるようになった時、少し強くなった自分に気づくはずです。

 

 

自分を許す

誰にだって、長所もあれば短所もあります。
真面目な人ほど、自分の短所を責めてしまいます。

そうすると、生きづらくなってしまいます。

例えば休日に眠ってばかりいて、せっかくの時間を潰してしまって後悔することもあります。
しかし、よく考えれば体は十分休めて次への気力ができたのですから、悪いことばかりではありません。

ダメだと思っても、自分を許していいんです。
好きな食べ物でも食べて、次へ生かしましょう。

 

他人の感情に振り回されない

「今が辛い」と思っている人は、頑張りすぎていたり、心が優しすぎてしまう人です。

そういう人は良くも悪くも他人の感情に振り回されやすいんです。

他人の怒りや喜びを敏感に感じ取ってしまう。
そこを基準にして自分の行動を変えてしまう。

だけど、そうじゃなくていいんです。
自分の感情で生きましょう。

 

 

寝る

結局は眠ることが最強です。

眠ることで、何もかも回復します。

 

最後に

少し楽になる生き方
  • 100%を目指さない
  • 自分が何に対して怒りを感じているのか知る
  • 自分を許す
  • 他人の感情に振り回されない
  • 寝る

真面目だったり優しい人ほど生きづらい世の中です。

100%を目指さなくていいですし、自分を責める必要はありません。

心を軽くして、また笑っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です