本当にあったオカシナ職場|離職率の高い職場

褒められた話ではありませんが、筆者は転職回数が多いです。
その分就職活動もたくさん行ってきました。

最初は、なりたくもなかった公務員になろうとして、失敗。
本当にやりたかったことは勉強できず、フラストレーションをためたまま生きていました。
(毒親の影響です)

それはともかく、「本当にあったオカシナ職場」

運良くいい会社に巡り合えた人もいらっしゃると思います。
しかし転職を繰り返してきた筆者には「本当にこんな会社あるの!?」と驚くような会社がかなりありました。
紹介していきます!

 

 


 

本当にあったオカシナ職場

席がない

自分の席がない会社

工場などの現場作業であれば「席がない」のも仕方ありません。
しかし、営業や事務職で「自分の席がない」

さすがに驚きましたよ。

面接時にまさか「自分の席はありますか?」なんて聞きませんから、会社に入ってから驚きます。

新しく入ってきた人は当然「歓迎されていない・・・」と感じます
席がないならどこにいればいいの?

 

よほどコミュニケーション能力が高かったり人と話すのが好きだったり座っているより立っていたいという方ならいいかもしれません。
が、そんな方ほとんどいないと思っています。

自分の席で集中して仕事したい。
腰を落ち着けて仕事したい。

という方がほとんどでしょうから、「自分の席がない」という会社はありえない。

 

だから人が辞めていきがちです。
それなのにも関わらず、その会社の経営者は、なぜみんな辞めていくのかがわかっていませんでした。
それを指摘しても聞いてはくれないので、タチが悪かったです。

 

 

パソコンが共有

パソコンが共有の会社

昔ありました。
パソコンが共有の会社。
今でも共有なのかわかりませんが・・・

 

驚くことに、「事務職なのにパソコンが共有」なのです。
基本的に帳簿・手書きの会社でした。

さすがにパソコンが主流の時代で、これはないなと・・・

 

古い会社で、お抱えの運転手までいるのに、パソコンは共有。
当然みんなパソコンを使って仕事をしたいわけで、パソコンは譲り合いというより奪い合い。

はっきり言って仕事になりませんでした。

 

高校卒業したばかりの10代の女の子が多い職場で、社会経験が乏しいからあまりわからなかったのかな。
離職率は高く、若い女の子は若いうちに辞めていきました。

 

離職とパソコン共有との関係があるかわ分かりません。
とにかく若い女の子とおじさんが多い会社でした。

 

 

 

トイレがない

トイレのない会社

転職活動中に出会いました、トイレのない会社。
面接に行った時に「マジか!」と思いました。

もうちょっと言うと、男子トイレは工場現場にあるような簡易トイレで、女子トイレはありません。

古い会社で、移転を考えているようでしたが・・・

社長さんは「トイレがないから人が来てくれない」とわかっているようでした。
だからといっても簡単には作れず、移転も結局しなそうでした。

縁がなくこの会社で働くことはありませんでした。
しかしトイレがないというのは後にも先にもこの会社だけだと思います。

 

 

あまりにも辺境にある会社

あまりにも辺境にある会社

工場や施設なんかは辺境にあることがあります。
それでもあまりにも辺境にある会社。

こんなところに人がいるの?
と思ってしまうほど辺境に会社がありました。

ハローワークで探していた時にはそれほど何も思わなかったのですが、いざ面接に行ってみたら、あまりにも辺境で驚きました。

トイレはありましたけど笑

野生の動物はでますし、ライフラインが滞ると回復に時間がかかります。
車がないとまず通勤はできませんし、常に人手不足の、人気のない会社でした。

 

 

最後に

転職の経験がない人はあまりいないと思います。

みんな最初から転職するつもりで会社に入ったわけではなく、何かしらの事情があり転職しています。

 

何度も転職で失敗したくないですよね。
転職会議さんなどの口コミサイトの情報を参考にしたり、はたらいくさんみたいな転職支援サイトで情報を集めたりするといいですよ。

女性だったらとらばーゆさんもおすすめです。