共依存について

共依存」という言葉をみなさまご存知でしょうか。
自分と相手が不健全に依存し合うということです。

もともとはアルコール依存症からきています。
アルコール依存者を許し世話することで生きがいを見出してしまう人を「共依存」に陥っているといいます。
実際にアルコール依存者が意を決して依存症に向き合おうとしても、共依存になっている人がアルコール依存者の回復を邪魔してしまうのです。
これが「共依存」の問題です。

毒親育ちの方(アダルトチルドレン)には共感する部分が多々あるのではないかと思います。
共依存」について調べましたので、共有します。

 

 

共依存とは何か

共依存(きょういそん、きょういぞん、英語: Co-dependency)、共嗜癖(きょうしへき、Co-addiction)とは、自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている関係への嗜癖状態(アディクション)を指す。すなわち「人を世話・介護することへの愛情=依存」「愛情という名の支配=自己満足」である。共依存者は、相手から依存されることに無意識のうちに自己の存在価値を見出し、そして相手をコントロールし自分の望む行動を取らせることで、自身の心の平穏を保とうとする。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

共依存について、主に語られるのは「アルコール依存」です。
元々アルコール依存症の人がいて、その人の世話を献身的に行う家族などのことを指します。

正しく世話をしているのであれば問題はないのですが、アルコール依存症の人の世話をすることに対して生きがいを見出してしまい、そのためアルコール依存症の人が回復することを拒んでしまうんです。
アルコール依存症の人も世話をしてくれる人がいれば安心するので依存してしまう。
それが共依存です。

アルコール依存だけでなく、薬物依存症、摂食障害、性依存症、心身問題などがあります。
機能不全家族(毒親家庭)でも共依存になる傾向があります。

 

愛情という名の支配」というのは厄介です。
「これは愛だから」と言われてしまえば、第三者は納得してしまったり、口出しができなくなってしまいます。

それでも第三者が介入して「違うんじゃない?」とアドバイスしてくれても、共依存者は第三者の言葉を拒否して、余計に共依存になることがあります。

 

共依存者の特徴

  • 他人の面倒を見たがる
  • 自己評価が低い
  • 抑圧的
  • 誰かをコントロールしたがる
  • 強迫観念に囚われる
  • 現実を直視できない
  • 何かに依存せずにはいられない
  • コミュニケーション能力が低い
  • 他人との境界が曖昧
  • 行動が両極端

共依存になってしまう人は自分に自信が無かったり、自分ではなく相手中心に考えてしまったり、自立していない人が多いです。
自立したくても自立を阻まれたり、相手から離れられなくなることもあります。

 

アルコール依存や薬物依存などの依存症者に「自分がいなければあの人はダメだから」など不健全に世話を焼いてしまいます。
自分の存在価値を、不健全な世話を焼くことで求めてしまうんです。

しかしそのままでは依存症者は依存症を直せません。
依存症者は共依存者がいるからアルコールや薬物を止める必要がなく、甘えたまま過ごしてしまいます。

ただ依存症者が「依存症を直そう!」「自分でなんとかしなきゃ!」と立ち上がった時、これまで献身的に世話をしていた共依存者は自分の存在価値をなくし、鬱状態になることがあります。

 

共依存から抜け出すために(克服)

「これって共依存?」と気づいた時がチャンスです。
抜け出すには今しかありません。

  • 助けを求める
  • 相手と距離をとる
  • 自分を主体にして行動する
  • 自分のために何かをやる

相手がいなければ共依存にはなりません。
相手からまず物理的に離れ、相手のために使っていた愛情や時間、労力を自分のために使いましょう。

自分の人生は自分で切り開く
自分の幸せを相手に委ねるのではなく、自分の手で掴みましょう。

そのうちに本当に自分を大切にしてくれる人に出会えるはずです。

 

最後に

共依存者は「相手のためにこれだけやっているのに何も返してくれない」と悲観的なことも多いです。
それでも離れられない。
なぜなら、そこにしか生きる価値を見出せないから。

第三者が「それは共依存じゃない?」「危険な関係だよ」と教えても、その言葉を拒否し余計に深みにハマってしまう。

 

共依存は危険な関係」だとよく言われます。
お互いのためにならず、歪んだ愛情で束縛し合う。

これは恋人や夫婦だけでなく、家族、友達、職場など、どんな人間関係でも起こりえます。
元々機能不全家族(毒親)で育った人が共依存になりやすいと言われています。

 

「この関係は危険だ」と気付けるかが鍵です。
気づけたらチャンスです。
辛いかもしれませんが相手から離れ、一番大切にすべき自分を大切にしましょう。

こころのほっとライン
1回20分 無料 電話相談 1日2回まで
ほっとライン専用ダイヤル03-5928-5027

時間は決まっていますが「話を聞いてくれる人」がそこにいてくれます。
東京外からでも可能です。

フリーダイヤルではないので、通話料がかかります。

 

こころのほっとチャット
1回50分 無料 チャット相談 1日1回まで

チャット形式のSNSカウンセリングです。SNSを通じて無料で相談できます。
電話が苦手な方にオススメです。

 

※どちらも人気のため大変繋がりにくいです。
 それでもめげずに何度もトライして下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です