【コラム】30代も後半になったのに結婚をしない理由

日本において女性は特に20代も中盤を過ぎると「結婚」し始める同級生が増え、
そのうちに「結婚」を期待する親族が現れ、
30歳を過ぎると本人もしくは親が「結婚」に焦りを覚え、
40歳を過ぎると「結婚」について何も言われなくなります。

筆者の独断と偏見含んでいます笑

 

 

もう少し言いますと、20代後半では離婚する同級生も増えはじめ、
30代では「結婚」に夢を見ずに現実を見ます。

 

20代の若い頃に勢いで結婚するか、
30代で現実を知りつつ妥協して結婚をするか。

 

筆者は結婚を選ばないと思います。
なぜなら、「結婚している人たちが幸せそうには見えないから」

 

筆者には結婚について条件がたくさんあり、

「いい歳して贅沢」
「選り好みしているから結婚できないんだ」

と言われても、妥協してまで結婚したくないんです。

だって、結婚が幸せにはとても思えないから。

 

結婚してから苦労している女性をたくさん見てきました。

その度に男性に対して不信感が溜まっていきました。

 

「一生幸せにする」と言って結婚して、「一番不幸にしている」のではないかって。

 

もちろん、中には本当に素敵な男性もいることでしょう。
筆者や、筆者の知り合いがそんな素敵な男性と縁がないだけかもしれません。
というか、そうであってほしい。

 

それでも筆者も20代前半の頃は結婚したいと思っていました。
人って考えが変わっていくんですよね。
現実を知っていくうちに、結婚なんてしたくないと思いようになりました。

年齢をもっと重ねれば、また考えが変わってくるかもしれません笑

 

「離婚してもいいから1回結婚したい」
と話す人がいました。

筆者にはその気持ちがまったく分からず、結婚するなら離婚したくないので、結婚には強い覚悟が必要だと思っています。

 

男性なら離婚してもそんなにダメージがないのでいいかもしれません。
お金のことも、ほとんどの男性が逃げてしまうので、苦労するのは女性です。

 

「どうして結婚したの?」
と聞くと、答えに行き詰まる人がほとんどでした。

答えてくれた人も「勢いだった」「あの頃はいいと思っていたんだ」と過去を悔やむような発言ばかりです。

 

とりわけ日本においては、女性は「家での無償の労働力」と見られることが多く、家事育児は当たり前。

男性は家の中で家事育児は一切しないのに威張っている。
わたしの中で結婚とは「苦痛」というイメージです。

 

もしかしたら筆者には大切な感覚の何かが抜け落ちているのかもしれません。


ほとんどの人が「結婚したい」と言う一方、わたしは「よほどいい人がいない限り結婚はしなくていい」と思っています。

 

魅力的な人にさえ出会えれば、考えは一気に変わるかもしれません。

結婚してもしなくても、全ての人が自分の幸せのために生きていくことができたら、最高だと思います。

コメントを残す