【コラム】女性は結婚すれば幸せなのか?

結婚をすれば幸せなのか。
結婚に幸せを感じないことはマイノリティなのか。

筆者はアラフォーになってよく考えるようになりました。
結婚は果たして本当に幸せなことなのか・・・?

若いうちに結婚した人も離婚して、シングルマザーになって苦労したり。
結婚しなさいと周りから口煩く言われて結婚したけど、自分のやりたいことを我慢しなければならず幸せを感じられなかったり。

もちろん結婚して幸せな人も多くいると思います。

 

私が問いたいのは、「結婚=幸せ」という絶対性。
結婚すれば絶対に幸せになれる。
そんなふうに刷り込まれてきたけれど、本当に結婚すれば幸せになれるのでしょうか。

 

誰かと一緒じゃないと寂しくて死んでしまいそうな人もいるし、
誰かと一緒に暮らすことが苦痛な人もいる。

いろんな人がいていい。
それが多様性というものなんじゃないかな。

 

 

 

昔は男性が外で働いて女性が家を守る。
古き良き時代と言うのでしょうか。
それが理想の形のように言われていました。

男性が一人で外で働いていても家族みんなが十分に生きていけるだけの給料がもらえて、将来の保証もあった。
そのおかげで女性は家事や育児に専念できた。

だけど今は・・・?

時代が変わりました。

男性が外で働くだけでは生きていけず、女性も働きに出る。
かと言って家のことをやる男性は少数で、女性に負担がのしかかる。
女性の負担を省みない男性も多い。
DVも増えている。

 

果たして、結婚は幸せなのでしょうか。

 

結婚して不幸になってしまった女性は自分を正当化するために独身女性を蔑んで侮辱する。
自分と同じ不幸を他人にも味あわせようと結婚を押し付けたり、さらにひどいとDV男を押し付ける。
「私はこの人よりはマシ」と思いたいがために。

 

結婚が失敗なら早いうちに離婚して次に行くことを選択できればいいのに、社会の仕組みが複雑でなかなか許されない。
ひたすら我慢を強いられ、精神的に不健康。
田舎であれば世間体というものもある。

 

ねぇ、結婚って本当に幸せなんですか?

 

自分らしく生きる選択をしていく中で、結婚も当然選択肢に入るものに間違いありません。
実際に幸せな結婚をしている人だって多いし、全否定はできません。

ただ「結婚=幸せ」という図式が全肯定されるのが違うかなって。

 

結婚して幸せになれるのは女性ではなく、男性の方じゃないかと思っています。
自分の世話をしてくれる人ができて、離婚しても社会的にも経済的にもそんなにダメージがない。

バツイチの男性がモテることだってあります。
バツイチの女性はそうでもないのに。

 

  

結婚は現実で、「愛」なんて言葉だけでは持ちません。

経済的に困ることのない(女性が外に働きにいかなくても生きていける)男性を選ぶか、家のことをやってくれる男性を選ぶしかない。

そんな男性はごく少数。

 

それならば最初から結婚という選択をせずにひとりでいたほうが楽だと思う女性だって多いでしょう。
それは決して悪いことではないと思っています。

 

女性の苦労が美徳だなんてもうやめて。
誰だって自分らしく生きていくのが一番輝けるんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です