ひな祭りについて|イベント|女の子の節句

ひなまつりについて|イベント|女の子の節句

 

ひな祭りといえば、3月3日の女の子の節句です。
ひな人形を並べ、ひなあられを食べ、歌を歌う。

そんなイベントです。

今は各地で「ひな祭り」のイベントも開催され、地域ごとに賑わったりもしています。

今回は、そんな「ひな祭り」について紹介していきます

 

 

雛祭り(ひなまつり)は、日本において、女子の健やかな成長を祈る節句の年中行事。

ひな人形(「男雛」と「女雛」を中心とする人形)に桜や橘、桃の花など木々の飾り、雛あられや菱餅などを供え、白酒やちらし寿司などの飲食を楽しむ節句祭りである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

ひな祭りについて

ひな祭りの由来

ひな祭りは、もともと5つの節句のうちのひとつ、「上巳じょうし節句せっく」です。

桃の節句」「ひなまつり」と言われる、女の子のお祭り。

ひな人形には「女の子の穢れを移し厄災を身代わりなってもらう」という意味が込められています。

 

5つの節句

  1. 人日(1月7日)
  2. 上巳(3月3日)
  3. 端午(5月5日)
  4. 七夕(7月7日)
  5. 重陽(9月9日)

 

ひな人形の種類

  • 内裏雛(だいりびな)
    男びなと女びなが一対。天皇と皇后を象ったもの。
  • 三人官女(さんにんかんじょ)
    宮中に仕える女官をあらわす。
  • 五人囃子(ごにんばやし)
    能のお囃子を奏でる5人の楽人をあらわす。
  • 随身(ずいじん、ずいしん)
    向かって右が左大臣で年配者、向かって左が右大臣で若者。
  • 仕丁(しちょう)
    怒り、泣き、笑いの表情から、三人上戸(じょうご)の別称もある。

 

ひな祭りに行うこと

ひな祭りにやること
  • ひな人形を飾る
  • 菱餅やひなあられを食べる

 

ひな人形には、いろいろな人形があります。

7段飾の大きなものから、お雛様とお内裏様が2人だけのもの。
今はミニチュアのひな人形も人気です。

 

ひなあられは4色のあられで、各色が季節を表しています。

  • 春=緑
  • 夏=ピンク
  • 秋=黄色
  • 冬=白

ひなまつり、その他

ひな祭りには各地でイベントが開催されています。

「つるし雛」も人気で、各地でイベントが開催されていますね。