毒親エピソード集

「毒親」について。

わたしは若い頃周りから「毒親」について理解を得ることがありませんでした。

毒親の外面がいいこと、わたしにたいして「仲の良い家族像」を無条件に期待されていたこと。

「親が嫌い」と言うようなことを話せば話すほど、わたしの方が虐げられ、孤立していきました。

だから自然と毒親についてのことを話さなくなり、寡黙になり、孤独になっていきました。

 

死ぬことばかり考えていた10代の頃

まだ「毒親」だと気づいていなかった頃。
ただ生きるのが辛くて、死ぬことばかり考えていました。

 

毒親育ちの人に共感してほしい話

毒親育ちを克服しようとしているうちに現れた、自分の中の小さな子供。
この子を癒していくことが自分の役割。

 

小学生の頃の将来の夢

小学生の頃の将来の夢は「ひとり暮らし」でした。
とにかく親から離れたかった。

それでも、やっぱり親は邪魔してきました。

 

「親を殺したい」と、初めて思ったのは小学4年生の頃

※記事の公開は終了しました。

今でこそ他人に殺意は持ちません。
毒親から逃げたので。

子供なのに殺意を持っていた自分に、大人になってから異常だと気づきました。

 

 

毒親からは物理的に逃げるしかない

毒親からは物理的に逃げるのが最強です。
そうは言っても、学生だったり金銭的な問題で逃げられない人も多いです。

物理的に逃げるまで、つまり一人暮らしをするまで、かなり時間がかかりました。
今は、今の生活を必死に守っています。

 

毒親育ちだからこそ気づく、おかしな親子

毒親育ちだからこそ、「あ、この人毒親だ」なんて直感的に気づいたりします。
そんなエピソード集。

 

毒親は探偵を雇ってまで子供の自由を奪おうとする

毒親がわたしの会社を突き止めようと探偵を雇った様子。

わたしは探偵のせいで心が病み精神的に疲れてしまいました。

毒親関連の記事

(表示はランダムです)