2022年1月から電気料金が2倍以上になった理由|電力会社に問い合わせたら絶望しました。

2022年。
いいニュースはほとんど聞きません。

みなさま、どのようにお過ごしでしょうか?

本題ですが、電気料金の話。

わたしの家では今まで、電気料金は7千円を切っていたのですが、1月に入り、いきなり倍の12,000円になっていました。

これには本当に驚愕しました。

「暖房使いすぎたっけ?」

そんなふうに思い、暖かい地域だと言うこともあって、次の日からエアコンを使用せずに過ごしました。
寒い日もありましたが、我慢しました。

そしてその次の月・・・

さらに電気料金が上がりました。

なぜ・・・!?

これはおかしい!
エアコンを一切使わずに生活していたのに、こんなに電気料金がかかるわけがない!!

なので、電力会社に電話しました。

どう言うことなのかと。

そしたら意外な事実が発覚しました。

電気料金が倍以上に上がった理由

電力会社のお姉さんが丁寧に説明してくれました。

同じような問い合わせが多いようで、受け答え慣れてらっしゃいました・・・

1、寒暖差による給湯器に使う電気量

まずは、「給湯器」に使う電気量

給湯器は外にあり、温度を保つために電気を使用しています。
寒暖差により、電力の使用量が上がってしまうのだと。

2、燃料調整費

そしてもう一つ。
これは「燃料調整費」

これは国から言われて払うお金だそうで、これが6千円くらい上がっていると。

そもそも我が家の電気代が1ヶ月6千なんぼだったので、ほぼこれのせいで電気代が倍になっています!!

嘘でしょう!!?

結果:努力で何ともできない電気量の値上がり

天候や気温に左右される給湯器。
国に言われて払う燃料調整費。

自分の努力ではもうどうこうできるアレじゃない・・・

心当たりが全くないのに電気代が倍になった理由は分かりました。

丁寧に対応してくださったお姉さんありがとう!!

でも、答えを知って絶望しました。

電気代が上がって節電しました。
エアコンなしで真冬を過ごすというチャレンジしました。

それでもなお電気代は倍に・・・

電気を使用せずに生きていくなんてもう不可能です。

自分の努力ではどうにもできないことがあるんだなって。

今後の展望

カッコよく「今後の展望」なんて見出しにして見ましたが、実際はどうなんでしょう・・・?

「寒暖差」による給湯器にかかる電気代は季節的に解消されていくでしょう。

戦争が終わって安定すれば「燃料調整費」も下がるかもしれません。
しかし戦争なんて世界情勢、自分の力ではどうすることもできず、ただ終わるのを祈るしかありません。

こんなところでも遠くの戦争に影響が出ているのですね。

戦争反対!!