【新生活】アパートの選び方|物件探しの方法・コツ【一人暮らし】

初めての一人暮らしや仕事上の引越し。
アパートを選ぶのも、ドキドキワクワク胸が高鳴っていたり、理想の生活を夢見ていたりしているものです。

 

しかし何の知識ももたないままで物件を選ぶと、相場より高い家賃で契約してしまったり、コンビニやスーパーから遠いなど生活に支障をきたしてしまうこともあります。
せっかくの新生活なのにそれではつまらない。

 

アパートの選び方としては、優先順位をつけて、譲れる部分は妥協していくこと。
あまりにも好条件なのに家賃がやすかったりする場合、曰く付きの物件である可能性もあるので注意しないといけません。
せっかくの新生活なのにお化けと一緒に済むなんて誰でも嫌ですからね。

 

一人暮らしを始める方にむけて、物件探しの方法、コツなどを伝授していきます!

 

 

アパート選の選び方の基準

優先順位を決める

  • 家賃
  • エリア
  • 広さ
  • バス・トイレ別
  • 日当たり
  • 駅からの距離
  • 防犯
  • 防音
  • 生活環境
  • 保証人不要
  • ペット可

 

まずは優先順位を決めてください。
自分のライフスタイルや、一人暮らしだからこそやりたい事、とりあえず住めればいいなど、人によって優先順位は違います。
あまり他人に左右されずに、自分が一番大切だと思うことから優先順位をつけましょう。


会社や学校へアクセスしやすいか
部屋の広さはどれくらいなのか。
近所にスーパーはあるのか。
女性なら防犯面2階以上を選択した方がいい。
洗濯機を置く場所もベランダではなく室内で。

楽器を弾く方は防音
大切なペットがいる方はペット可か否か。

 

人によって優先順位は違いますが、誰でも一番気になるのはやっぱり「家賃」です。
家賃を選ぶ基準は給料の3分の1と言われています。
最初は初期費用もかなりかかりますので、多くの人が金銭面においてシビアです。
学生で仕送りをもらうのであれば親と相談する必要があります。

 

絶対に譲れない条件を1〜2つ絞れるといいでしょう。
可能であれば付けたい条件をいくつか。
妥協できる条件もあると物件を探しやすいです。

気になる部分は後からたくさん出てくるものです。
細かいことを言ってしまえばキリがありませんので、最優先したいものから優先順位をつけます。

 

自分が物件を決めた時の第一条件が2階以上、次が家賃でした。
次に室内洗濯機、モニター付きインターフォン、などの防犯面も譲れません。
それからできればオール電化、インターネット込、など生活費を抑える条件を加えました。
キッチンが暗いのが難点ですが、そこは妥協しました。

 

タイムリミットを決める

タイムリミットというのは、「◯月◯日までに探す」という期限を設けるということです。
それがないとダラダラとしてしまい、決めかねている間に他の人に決まってしまった、ということもあります。

あまり早めに決めてしまうと、その分の家賃も払わないといけません。
あまり遅くに物件を探し始めると入居したい日に間に合わない事も出てしまいます。

入居のための審査やハウスクリーニング、前の入居者の退去など、待たなければならない事も多いです。

住み始める日の1〜1.5ヶ月前に物件を決められるとベストです。

 

まずはネットで部屋探し

優先順位を付けたら、次はネットでお部屋を見ます。
今はネットで「家賃」「駅からの距離」「間取り」「設備」「周辺環境」など親切に教えてくれます。
内部や周辺環境の写真も多く載せてくれていますので、部屋を決める際の参考になります。

住みたい部屋の目星を2〜3つ付けておくといいでしょう。

 

DOOR賃貸

お部屋探しの【DOOR賃貸】入居決定でお祝い金もらえる!


「DOOR賃貸」さん。
日本全国に対応しています。
探しやすいのでオススメ。

4月30日までに問い合わせして入居が決定すると、最大10万円がもらえます。

 

 

何の目星もつけずに不動産屋さんに行く事も可能ですが、自分が暮らしていく場所ですから、前情報はある程度入れておいた方が絶対にいいです。

 

 

内見の予約を入れる

ネットで気になるお部屋を見つけたら、必ず「内見」に行きましょう。
ネットだけでの契約は危険です。

気になる物件をいくつかピックアップできたら、不動産屋さんに内見の予約を入れましょう。
ほぼフリーダイヤルで電話ができますし、日程も出来るだけこちらの都合に合わせてくれます。

ただ1月〜4月の繁忙期ですとつながりにくい事もあるかもしれません。

条件を提示すると、不動産屋さんがネットに乗っていないお部屋を案内してくれる場合もあります。

 

内見時に気をつけること

実際にその物件に行くと、「思ったより古い」とか「外に自転車が散乱している」とか「なんか違う」と感じるところもあります。

逆に「この物件がやっぱりいい!」と契約の決め手になることもあります。

実際に駅から歩いてみたり、スーパーを利用してみたりする事で、「ここなら住んでも大丈夫」と自分できちんと納得する事もできます。

 

持ち物

  • カメラ(スマホ)
  • メジャー
  • 方位磁石(スマホ)
  • ビー玉

 

必須なのはカメラメジャーです。
1回の内見で物件の情報が全部わかるわけではないので、気になるところはカメラに全部納めてしまいましょう。

設置されているエアコンの型番をカメラに納める方もいるようです。

メジャーは持ち運びたい家具や家電がすでにある場合に便利です。

契約してから入居日まで日が空いていると、その間に家具家電を決めたい時もあります。
サイズが分かっているとスムーズなので、冷蔵庫をおく場所や洗濯機置き場などのサイズを測っておくのがオススメです。


方位磁石は風水などをやっている方で方位が気になる方や、絶対に南向きの物件がいいという方が使用するようです。

ビー玉は床が斜めになっていないかどうかを測ります。
あんまり床が斜めだと眠りにくくストレスになる事もありますので注意してください。ただそういう物件は妙に家賃が安いものです。

 

どこを見てくればいいの?

  • 匂い
  • 綺麗さ
  • 扉や棚の立て付けが悪くないか
  • コンセントの数
  • 水回り(シャワーの水圧・トイレ)
  • 日当たり
  • 収納
  • 防音性
  • サッシ(結露の確認)
  • ゴミ捨ての場所

 

こうやって書くと結構ありますが、物件に一歩入ると視覚で瞬時に判断できるものもあります。
綺麗さ、日当たりなんかはそうですね。

部屋が汚かったりする場合は、ハウスクリーニングが入るかきちんと確認してください。
 

まれに大家さんが内見に同行してくださる物件もあり、気になることは直接聞く事も可能です。

ゴミ出しの場所や、隣にはどんな方が住んでいるのか、可能な範囲で教えてくれます。
 

 

その他情報

「雨の日」に内見に行くのがオススメです。
理由は湿気や水漏れ、雨天時の明るさや匂いなど、物件の弱点が見られるからです。
しかしそんな都合よく「雨の日」に当たるものではありません。

「夕方」に行くのもオススメです。
西日が強いキッチンだと季節によっては夕食作りが大変になってしまいます。

 

個人的な経験上ですが、ぐいぐいくる不動産屋さんの担当さんは警戒した方がいいです。変な物件の契約を誘導してきたりします。

内見時には半歩下がって好きに見させてくれて、こちらが聞いたことに対して答えてくれたり、時にこちらが得になる情報を教えてくれる担当さんなら信用できます。

しかし自分で担当を選べるわけではないので、そこは運です。

 

最後に

アパートと一言で言っても、実にたくさんのアパートが存在します。
家賃も間取りも環境も多種多様で、時には選ぶのに苦労する事もあります。

最後は直感で決めるといいです。

直感が一番正しい。
多方面でそう言われますが、賃貸などの重要な契約においてもそれは有効です。

 

素敵な物件を見つけて、楽しい新生活を送ってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です