PMS(月経前症候群)について|症状・いつから?・薬・対策・アプリ

PMS(月経前症候群)とは、Premenstual Syndrome の略で、生理3~10日位前に始まる、さまざまな精神的・身体的な不調のことです。

毎月生理前になると体や心の不調に悩まされると言う方も多いのではないでしょうか。
筆者もその一人です。

生理痛もあまりにひどいので、色々試しました。
食生活の見直しや、ヨガ、漢方など試しましたよ。

ただ筆者はあまりにも飽きっぽい性格のため、どれも続きません……

しかしその前に、PMS(月経前症候群)について知らなければならないと思い、調べました。
共有します。

 

 

PMS(月経前症候群)について

 

PMS(月経前症候群)に悩まされている人は多く、筆者もその一人です。
色々試してみた中で、食生活の改善が一番効果がありました。
しかし続きませんでした……

PMS(月経前症候群)について調べてみたよ!

 

PMS(月経前症候群)の症状

精神的な不調
  • 普段気にならないことでもイライラする
  • 家族に八つ当たりしてしまう
  • なんでもないことで泣いてしまう
  • 日中眠くてしかたがない
  • 夜ぐっすり寝た気がしない
  • ボーっとする
  • 集中できない
  • 家事や仕事がはかどらない
  • 怒りっぽくなる
  • 情緒不安定になる
  • 落ち着かない

 

身体的な不調
  • 肌が荒れる
  • 体がだるい
  • 胸が張る
  • むくみ
  • 食欲不振
  • いつもよりたくさん食べてしまう
  • 甘いものが食べたくなる
  • やたら喉が渇く
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 腰痛
  • お腹が張る
  • 体重増加
  • のぼせる

 

PMSの症状は人によってさまざまです。
また同じ人でも月によって違い、その種類は200以上と言われています。

身体症状が強く出る人もいれば、精神症状ばかり出る人もいます。

 

月経困難症

寝込んでしまうほど月経(生理)中にお腹が痛い、下痢や吐き気など日常生活が送れないほどの不調を感じる場合もあるよ。
それは「月経困難症」と呼ばれるものでPMSとは区別されるよ。

 

PMSの症状は、本格的に月経がはじまると自然に消えていくことが多く、感じるとしても軽いレベルです。
月経期間の後半から次の排卵までの間にも症状が出るようなら、それはPMSではありません。
別の病気が潜んでいる可能性があるので、医療機関を受診しましょう。

PMSじゃないと思ったら病院に受診してね!

 

PMS(月経前症候群)はいつから?

PMS(月経前症候群)はいつから?

生理の3〜10日前から

PMS(月経前症候群)の始まる時期は人によって様々ですが、生理の3〜10日前からだと言われています。

どの年代の方もPMS(月経前症候群)に悩んでいますが、ピークは20代後半から30代だと言われています。

PMSの症状の出方に個人差があるように、PMSの起こりやすい年代も人によって異なります。

 

 

PMS(月経前症候群)の薬はあるの?

PMS(月経前症候群)の薬は、あります。
有名な市販薬ですと「命の母ホワイト」や「プレフェミン」があります。

 

漢方の種類も多いです。

●肩こり、のぼせ、腹痛がある場合(瘀血)
「桂枝茯苓丸」「桃核承気湯」「当帰建中湯」「大承気湯」

●体や頭が重く感じる、嘔吐やめまいがある場合(水滞)
「当帰芍薬散」「五苓散」「苓桂朮甘湯」「半夏白朮天麻湯」「当帰呉茱萸生姜湯」「呉茱萸湯」

●症状がひどい場合
「加味逍遙散」「補中益気湯」「半夏厚朴湯」「香蘇散」「抑肝散加陳皮半夏」

 

※漢方はあまりにも種類が多いので、お医者さんや薬剤師さんに相談するのがおすすめです。

 

わたしは冷えに悩んでいるので「当帰芍薬散」を使用しているよ

 

PMS(月経前症候群)の対策

PMS(月経前症候群)の対策
  • バランスの良い食事を取る
  • アルコール・塩分・カフェインの摂取を控える
  • 軽い有酸素運動をする
  • 禁煙

おすすめの食べ物は、「豆乳」「ナッツ類」「レバー」「海藻類」「ブロッコリー」など。

 

イライラや情緒不安定を和らげるビタミンB6、カルシウム、マグネシウムの摂取にはかつお、レバー、ナッツ類、海藻類など。

女性ホルモンに似た働きのあるイソフラボンが摂取できる豆腐、豆乳。

神経伝達物質の代謝に関与しているビタミンEが摂取できるブロッコリー、アーモンドなど。

 

日常に取り入れるのが難しければサプリメントでもいいはず!

 

一番はバランスの取れた食事!!

 

 

最後に

PMS(月経前症候群)について、多くの女性が悩んでいます。

毎月毎月生理前にイライラやむくみなどに悩むのもしんどいですよね。
薬ばかりに頼るのもちょっと……なんて思いますし。

 

改善策としては「バランスの良い食事」

一度本気で食生活の改善をしたときには、PMS(月経前症候群)も生理痛も緩和されて、とても感激しました!

ただメンタル面と金銭面から食生活の改善を続けることはできませんでした。
とほほ……

 

アプリで生理日の管理をするのもおすすめです。

筆者が使用しているアプリはこちらです。

ラルーン - 生理日管理から妊活まで
ラルーン – 生理日管理から妊活まで
開発元:Ateam Inc.
無料
posted withアプリーチ

無料です。
そのかわり、広告がちょっと鬱陶しいかも。

読み物も豊富ですので、全く何も管理をしていないと言う方は、こちらのアプリを試してみるのがいいかも。